札幌のローカル情報をお届けします。

地下鉄南北線「真駒内」駅周辺

札幌での生活には地下鉄の利用は欠かせません。どの路線・どの駅にもそれぞれ特色があるので、駅周辺の環境で賃貸を決めるのも良いかもしれませんね。今回は地下鉄南北線の南の終着駅、真駒内を見てみましょう。

真駒内駅を出ると、たくさんのバス停があることに気がつく事でしょう。真駒内のバスターミナルには、札幌のほとんどの地域から来るバスが停車すると言っても過言ではありません。主な接続だけでも、札幌駅、地下鉄東西線大谷地駅、地下鉄東豊線福住駅、定山渓温泉、そして新千歳空港など多岐に渡ります。真駒内駅周辺に住めば、自動車がなくても市内の移動には苦労しません。

また、大きなバスターミナルの利点として、札幌の寒い冬に外でバスを待たなくても良いということが挙げられます。構内にベンチがあり、コンビニやパン屋なども併設されているので、遅れがちな冬のバスを待つのも、そんなに苦には感じないでしょう。

駅の目の前には五輪団地という、1972年の札幌冬季オリンピックの際に選手村として作られたものが団地になった、賃貸マンションが立ち並んでいます。築年数は古いものの、地下鉄徒歩1分の好立地。また、藻岩山や定山渓などに近く、ちょっと外へ出れば自然がまだ多く残っているので、子育ての環境としてはとても良いのではないでしょうか。

札幌芸術の森も駅からバスで15分ほどの距離にあり、文化的な雰囲気がするのも一つの魅力ですね。いくつかの大学が近くにあるので、学生が住むのにも良いエリアです。

真駒内駅周辺には商業施設がほとんどないのですが、見方を変えれば一日中静かな環境が保たれているということなので、自然の中でのんびり札幌ライフを楽しみたい人には、真駒内との相性が良いと思いますよ。

 

chivas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です