札幌のローカル情報をお届けします。

札幌の活気ある市場

二条市場は札幌の中心部にある、とても長い歴史のある生鮮市場です。所狭しと鮮魚が並んでおり、地元民だけではなく観光客にも人気のあるスポットです。北海道の味をお手頃価格で手に入れたい場合、訪れて損はない場所でしょう。

始まりが明治初期に遡る歴史の深い魚市場である二条市場は、南2条から3条にわたって続く大きな市場です。札幌の台所と呼ばれており、昔も今も市民の胃袋を支えています。また、南3条の市場はアーケード式になっており、天候に左右されずに買い物を楽しめることでしょう。

長い歴史を持つ二条市場ですが、昔のまま何も変わらないわけではなく、時代の流れを受けて徐々に変化をしています。野菜や土産物を扱う「新二条市場」の誕生や、2007年には二条市場の一角に居酒屋や飲食店が立ち並ぶ「のれん横丁」などがその典型的な例でしょう。二条市場はこれからもさまざまな変遷を遂げていきそうです。

市場というだけあって、朝が早く夕方は早々に閉まります。訪れる際はなるべく早めにスケジュールに組み込むと良いでしょう。

二条市場の詳細

ホームページ:http://www.welcome.city.sapporo.jp/find/shops/nijo_fish_market/

所在地:札幌市中央区南3条東1丁目〜東2丁目

アクセス:地下鉄大通り駅34番出口から徒歩5分

電話番号:011-222-5308

営業時間は店舗によって異なりますが、朝7時から夕方6時くらいまでです。

chivas

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です